出会ってしまう、SPT。

ロルフィングの10回シリーズ、
私は2014年4月から
月2回のペースで受けた。

1~3回目は表層を、
4~7回目で深層を、
8~10回の統合で終了する。

わたしは1回目を受けて
5日後に、なんと、
喉がぱっかーんと開いた。

???

こう見えても、
自分の感情を上手く
相手に伝えることが苦手だった。

伝えようとすると、
喉がつまってしまい、
最後は苦しくて涙が出る程
だったのだ。

さて、ぱっかーんした私。


自分の感情を人に伝えられた
初めての経験は、
本当に自分の耳を疑った!

普通、自分の声は
話すと同時に耳で聞こえているが、

その時は、始めに言葉が口から出ていて、
後からその言葉を自分の耳で聞いて
認識する、という体験をした。

これには驚いた!

なに話しているのー!?

私が話したことに対して
相手が声を荒らげる反応をしても
冷静に受け止められていた。


それでどうなったか。

特に何もない。

相手と会話ができていたのだ。

会話の後はとても
爽やかな気持ちだった。

なんだ、
こんなに簡単だったんだ。

そして、自分の気持ちを
伝えられる心地好さといったら。

本当に、翼がはえて
空を飛んでいるように
素晴らしかった。

DSC_0724


それから4回目を終わって
二日目の夜。
喉が閉まる感覚が出てきた。

何故?

喉以外は、体が整っていくことが
とても楽しかった。
それに伴い、心の中には、
色々な素晴らしい変容が起きてきた。

体と心の両面、
これからの私の人生にとって
大きな大きなギフトを
ロルフィングから受け取った☆


ただ、喉の内側だけは落ち着かなかった。

8回目が終わる頃、
仕事中もとうとう息苦しさが
出てきた。

相談したところ、
ソースポイントセラピー(SPT)を
すすめられた。


これが、ソースポイントセラピー
との出会いだ。




*因みに、ここに書いた事は
私個人に起こったことなので、

ロルフィングやその感想については、
友人のロルファー大塚英文さんの
HPを参考にしてもらえるといいと思う。

http://zero.hidefumiotsuka.com

バランスの良い加減☆

初めてボタニカルアートの
教室で植物に向き合ったとき。

画用紙の上に実物大で
植物を見たままに写生していく。

初めは実物大がなかなか難しい。
ずずっとフォーカスしていくと、
そこだけズームアップされるので
大きく描いてしまう。

すると、何ともバランスが悪くなる。
ひたすら植物と向き合う。
葉の葉脈や形、花びらの1枚1枚。

よーく観察してみると
その美しい曲線は、
本当に完璧な形をしている。

知らなかった世界が、葉の1枚の中、
花びらの1枚の中に広がっていく。

素通りしていたら、気が付かなかった
不思議で神秘的な世界が広がっている。

先生には、描いたら一度下がって
全体を見なさい、
とよく言われていた。

それがバランスをとるために大切なのだ。

仕上げは、水彩絵の具で色を重ねていく。
乾燥させないと色が濁ってしまうため、
乾燥をさせては、絵の具を
塗り重ねていく。

時間はかかるが、
出来上がっていく楽しさと、
仕上がった時の喜びがある。

IMG_20170512_182508_600


私はそんなボタニカルアートに
楽しさを見いだしていった。

この広い世界。
きっと、みんなそれぞれが
どこかで自分にあった楽しさを持っていて
その中に喜びを感じていると思う。


たまに、ピラティス難しかった、
つまらなかった、という声を聞く。


初めての動きは、どうしても
体が馴れていないので
難しいと感じるかも知れない。

細かい動きばかりでもつまらない。


体を動かしていく爽快感。
細部を感じきる楽しさ。

きっと両方のバランスが良い加減だと
面白く感じていくのだと思う。


わたしは体力欲しさに
ピラティスを始めて、

体力がついてきた!と実感し、
それからどんどん楽しくなっていった。


そして、細部をコントロールしつつ、
体を動かせるようになってから、

また一段と面白くなっていって、
ピラティスにはまっていった☆



そして、誰もいなくなった。。。

ピラティスインストラクターの資格は、
PHI Pilates(米国)の日本の大阪に本部のある
PHI Pilates JAPANで取った。


ピラティスを続けていくうちに
もっと動けるようになりたい。

自分自身で正しく動けているか
分かるようになりたい。

という気持ちが、むくむくと
沸き起こってきたのだ。

インストラクターになれば、
毎日、自分で好きなときに
正確に思う存分できるし♪

お婆ちゃんになっても、
安全にしゃきしゃき動けるし♪

行動範囲が狭まらなければ、
自分で行きたい所へも行けて楽しいし♪


そして、、
もうひとつ。

10年くらい前にみてもらった
ホロスコープで、なんと、
「晩年に激しい恋に落ちる」
と言われた。。

晩年?それって、いつよ。
多分、老人ホームに入っているとき?

DSC_0745


自分が老人ホームに入った時には、
きっとホーム一番の素敵なお爺ちゃんと
恋に落ちるのだわ☆

その時にピラティスで鍛えていれば、
間違いない!
恋に落ちるのだわ☆


高齢になると、女性は骨や筋力の
衰えによる運動機能の低下により
自立度が徐々に落ちていく傾向があるそう。


ピラティスを続けていれば、
運動機能低下の予防になるし、
元気で活動できると思う。


私が入った老人ホームでは
みんなでピラティスを
毎日少しずつ続けて、


やがて、一人ずつ運動機能を回復させて
それぞれの活躍の居場所へ戻っていく。


そして、
ホームには、誰もいなくなった。。。☆



ギャラリー
  • 意識して生きる
  • 幸福感に包まれる仕事をしたい☆
  • 幸福感に包まれる仕事をしたい☆
  • 幸福感に包まれる仕事をしたい☆
  • サインを見逃すな!
  • 家系と自分の真ん中の軸✨✨
  • 座り過ぎ
  • 自分自身への時間と空間☆
  • 体幹力と体感力で気づく☆