心が喜んだ朗読会

人生初の朗読会✨✨

元会社の同僚、美佳さんが、
朗読を習っていると聞いてから、
面白そう!
と私のアンテナがピピッときていた。

昨年10月は予定が合わず、
やっと念願の朗読会を聴きに☆

朗読って地味なのよ、と仰っていたが、
地味だなんてとんでもない!!

素晴らしかったです❇❇
心が動きました。


朗読が始まると、、

映像がない中で、感覚を研ぎ澄ませて
語られている言葉に集中していると、

朗読している人の声や感情に、
言葉とストーリーがひらりと乗って、
私の方にその情景が運ばれてくる。

言の葉って、こういう感覚なのかもしれない。
ひらひら、ひらりと、私の中に入ってくる。

初めての感覚。
心も喜んでいた。


語られる言の葉に気持ちよく
身を委ねていると、
登場人物の心情にハッとしたり、
ドキッとしたり。

今でも、藪の中の落ち葉や
それを踏みしめる音。

雨に濡れた紙袋。

窓辺に飾られたコスモス。

色んな情景が浮かび上がってくる。


あ~、本当にこんなにも
物語りに集中したことがなかった。

まるで瞑想中みたいに心地好かった。

DSC_0058


公演後に、美佳さんに感情の入れ方を
伺ってみた。


最初は、思う存分感情を入れて読み込みします。
そして、練習の過程で 無駄な感情を
削ってシンプルにしていきます。

加減が難しいのですが、
少し足らないくらいの感情表現が
聞き手としてはちょうど良い
みたいなんですよ。

コミュニケーションで、
自分の事を話しすぎる人は
話し相手として、お腹いっぱいに
なってしまうのと一緒で、

感情を入れすぎると、
話し手が一人で盛り上がっている図に
なってしまい、聞き手がおいていかれて
しまうそうです。

よく先生に、主役は『聞き手』だから、
それを忘れないようにと言われます。

朗読は意外にも『聞き手』が
主役なんだそうです。



美佳さん、ありがとうございました☆


シンプルにしていく作業って、
声のトーンを落としたり、
そんな単純な作業ではないですものね。

自分の中の別の視点が必要そう。


『主役は聞き手』

普段のコミュニケーションでも
大切に意識したいことだと思った。


体の動作に意識を向けると☆

先日の日曜日の朝、渋谷で
ピラティス初心者のための
「ピラティスと食べる瞑想クラス」を開催。

ピラティスは、体を動かしたい、
という希望で、ほんの少しだけチャレンジ!

しっかり動けていたので、
腹筋がプルプルしますーと
反応が返ってきた。

食べる瞑想は、醗酵発芽玄米お結びと
自家製味噌3種類(大豆、玄米、麦)を
用意して、自由にブレンドしてもらい
あたたかいお味噌汁をいただいた。

体を動かした後だと、いつもよりは
感覚が入りやすいように思う。

私もピラティスの後にするのは
初めてだったが、

体が伸びて気持ちの良い気分で、
体の動作を含めた食べる、と
いうことを一瞬一瞬味わっていたら、

本当に口の中のご飯粒一つから
さぁーっとイメージが広がって、
ご飯粒が体験してきたことと
一体になるような不思議な感覚
があった☆

クライアントさんも色々と感じて
くれたようで、私もとても楽しい
クラスだった☆

DSC_0014


クラスの感想をいただいている。
20代女性(M.W.)

ピラティスで体を動かすと、いつも
意識していない体の部分に意識が行き、

体幹を意識する感覚がとても
心地よかったです。

終わった後は頭がスッキリとして、
体がしっかりとグランディングする
感覚がありました!

この感覚で普段の生活が送れたら、
とても心地よくてスムーズに動ける
と思いました󾭠


食べる瞑想は初めてで、
とっても感動しました!

こんなにも1噛みずつ味わって、
体の動きまでも意識して食べたことは
なかったなと…。

体がこんなにも自分に優しく
動いてくれていることに、
感謝の気持ちが湧いてきます。

食べながら、口に入るまでに
関わっている人の温もりを感じました。

お米を作る人、運ぶ人、料理する人、
たくさんの人を伝わって自分のところに
来てくれたんだと改めて感謝しました。

心穏やかに味わいながら食べると
少量で満たされてきて、

シンプルなご飯が1番美味しいっ!
と心から味わいながら頂くことができました。

おむすびと味噌汁を用意してくれた
えみさん、素敵な体験をありがとう
ございました。


こちらこそ、ありがとうございました。
次回、開催は調整中☆
決まり次第、お知らせします。


関連記事はこちら♪
http://www.emifuzita.com/archives/1700271.html

あんでるせん☆

5月末、6日間のソースポイント
セラピーのトレーニングが終了し、
日常の場に戻る、
という予定をすっ飛ばし、

トレーニング終了の
翌朝4時半起きで伊丹空港から
長崎空港へ向かった。

東京の友人達と現地集合で
川棚にある四次元パーラー
あんでるせんへ。

あんでるせんの存在は
2年前に、その時初めて会った人から
話を聞かされていた。

楽しそうな話ぶりがとても
印象的で、その日の夜に何故か夢の中で
「いつでもいらっしゃい」と
声をかけてもらっていた笑。


そして、実際に見たあんでるせんの
ショー。

初めは、わぁすごーい!
なんでー!
ともう、きゃあきゃあ楽しいのだけれど、

途中から凄すぎて、訳が分からなくなる。

何を見ているんだろう、
唖然として、笑ってた顔が
真面目な顔になって、涙目になるほど。

衝撃波が体の中を駆け巡って、
翌日、思い出しただけでも、
その波が駆け巡っていた。

ソースポイントセラピーで
整えまくった体にどんな
影響があったのか。。楽しみ、楽しみ☆

あんでるせんのマスターは
優しい笑顔でものすごいマジックを

これでもかと畳み掛けて
披露してくれる。

ノンストップ、高速、ジェットコースター!

マジックだけでなく、
話が面白くて、つまらないところなし。

そのお話しの内容も、面白いだけじゃーない。

DSC_0055


自分があらためて気付かされる事が
沢山あった。

その一つが出会った人達のこと。

この地球上で出会えた人達は
出会えた事が奇跡に近いということ。

道でただすれ違う人や、
全く出会わない人達もいるなかで、
ご縁があって出会えているのだ。

今まで出会った大好きな人達も
私の大切なファミリーで、

それと同時に、当たり前だと
思っている自分の家族も大切な
ファミリーである事を再認識した。

そして、家族、友人達のおかげで、
私は私自身を見る、知る、という事を
経験させてもらっている。

感情が大きく揺さぶられる
こともあるけれど、
そんなときこそチャンス!

自分の深い所を知らせてくれている。

最近、自分で投影ワークみたいな
ことをやったら、出てくる出てくる!

自分がどんな人間か知れて
面白いので、ちょっとはまっている。



マスターありがとう、
とっても面白かったです!

帰り際に挨拶をしたら、
また呼んじゃうよーと言われたので、
行きます!

そうそう、ショーの間に、
結婚するよ、と言われたのだった。

これにはまさかのびっくり!
マスターには見えているらしい。

世界のどこかに、自分のことを
そう想ってくれる人がいるって、
単純に嬉しい。


あ、それともう1つ。
お墓に供えるお花。

あれって自分達に向けてるよねって。
誰に持っていっているの?って。

当たり前だと思っていること。
常識だと思っていること。

一度、本質のところは自分の頭で
考えないといけない。


東京に戻ってから、
父のお墓参りに行った。

父の好きなくちなしの花を供えてきた。
優しくて、芳しい香りが
父に届くように、墓石に向けて。

ギャラリー
  • 意識して生きる
  • 幸福感に包まれる仕事をしたい☆
  • 幸福感に包まれる仕事をしたい☆
  • 幸福感に包まれる仕事をしたい☆
  • サインを見逃すな!
  • 家系と自分の真ん中の軸✨✨
  • 座り過ぎ
  • 自分自身への時間と空間☆
  • 体幹力と体感力で気づく☆