私はロルフィングを受けはじめてから
日記を付けていた。
それは、ロルフィングを受け終わった直後の
体の変化が面白かったのと、
その後も日々、変化を感じられていったから。

それと驚いたことに変化は体だけではなかった。
こころ、というのかな、
体が楽になるに従って、心も楽になっていった。
解放されていくような感覚。

10回シリーズが終わる頃には、
自分の外側から来るものの影響よりも、
自分の内側が自分自身というもので
体いっぱいが満たされていくような、
とても心地好い感覚になっていた。

IMG_20170414_211857_088



自分と外側との境界線がしっかりと
体感として認識できる。

その初めての感覚は言葉では言い表せない程、
心がふるえる様な体験だった。
そして何よりも楽しくて仕方なかった。
毎回がワックワクの連続だった☆

そんな風にワクワクの自分を
楽しめるようになると、
周りの人達との関係も変わっていった。
とても心地好い関係性へと。


興味があれば、色々な体験談を読んでみると、
面白いと思う。
私の当時の体験談は神戸在住のロルファーさん、
伊藤彰典さんのホームページに載っている。

ロルフィングを受けて体感したことは
ピラティスをしていたからこその
体感もあったのではないかと思う。

そして今でも思うのは、
一家に一人ロルファーさんがいれば、
世界は平和になる!のではないかということ。

ピラティスが導いてくれたロルフィング
10回シリーズの旅に感謝している。