体を丁寧に細かく動かす事が
とても好き。
それは、今まで意識したことの
なかった筋肉を発見できるから。

というか、
そこにいたのね~
と認識できるからだ。

これは意外に嬉しい。

認識できた所を使って
体を動かすことも、とても面白い。

しかも、純粋に新鮮な驚きがある。

何故って、体は自分と常に一緒、
一心同体。

なのに、私はそれに気付いて
いなかったのだから。

自分自身なのに、不思議ではないか!

DSC_0775


これが自分だ、と認識していた
自分って、いったい何なのだ?

動かないと分からないのだから、
実はまだまだ認識は広がって
いく気がする。

それを意識させるスイッチ、
を入れてくれるのがピラティスだ。

まるで、新大陸発見の気分だ。

一度、自分認識発見スイッチが入り、
繰り返しここにあるよーと
信号が送られれば、しめたもの!

それがどんどん、どんどん
増えていけばいくほど、
動きやすくなる。


そうだ!

これが私にとって
ピラティスが飽きない理由でもある。

飽きやすい私が
何でこんなに続けているのか?

謎がひとつ解けた。