会社の仕事で辛くなってしまった時も、
イヤな事があって
涙が出てしまった時も、

帰りにピラティスをして
スッキリさっぱりすることができた。

忙しくて、体がへとへとで疲れた時も
生き返ることができた。

ピラティスは集中して動くので、
他のことを考えながらはできない。

だから、頭の中も余計なことは考えない。

今までに何回、こうして
精神的にも助けられてきたのだろう。

ピラティスをする前は
そういうストレスを
お酒をたくさん飲んで流して?
いた。

ビールは苦くて飲めないが、
大好きだった日本酒やウイスキー。

田酒や獺祭、八海山が
爽やかで美味しかったなぁ。。

ピラティスを始めてからは
アルコール不要!

もう随分と飲んでいないので
たくさん飲めない体になってしまった。

自然とアルコールとサヨナラしたのだ。
(嗜む位はできますよ。。)

とにかく、
体を動かしていたら、
その方が気持ち良かったのだ。


会社帰りのピラティスが
無くてはならないものになっていった。

DSC_0599


ご飯が美味しくなり、
胃が弱くて避けていた
お肉もたべられるようになった。

夜8時のクラスに出る場合、
夕飯を済ませてから
一時間、からだを動かして帰宅。

家に戻ると、
お腹が空いていることに気付く。

食べてはいけない、、
と頭の中が言っている。

ほんのひと口。
それが呼び水となり、
2回目の夕飯が始まる。

まぁ、また動けばいいし、
ご飯美味しいし、
いいんじゃない?

このパターンが何回か繰り返されても
体重は特に増えなかった。

逆に、人からは
スリムになったんじゃない?
と言われるようになった。


ご飯が美味しく食べられる
ピラティスが好き☆