佳花塾で良い遺伝子をONにして生きる事の大切さを学んでいます。

今回は、ただ良い遺伝子をONにするのみならず、

7つのライフスピリット
「仕事」「健康」「心」「お金」「愛に溢れた人間関係」「有意義な時間」「自己実現」

に関しても良い遺伝子をONにして生きる
という課題が出されました。


実際、悪い遺伝子も良い遺伝子も受け継いで来ているので、先ずはその受け継がれたものの現状を把握することが大切です。


前回、家系図から良い遺伝子・悪い遺伝子を読みといていきました。

そして、7つのライフスピリットの活性度を自分なりに見ていくと
バランスが悪いことに気が付きました。


この活性を妨げているもの!
あるんですよね、
自分では気が付かないものが。

例えば、
・小さい頃に何気なく親に言われていた事
・会社で周りの雰囲気から察して行動していたこと
・ニュースやドラマで見聞きしていたこと

こんな何でもないことの様に感じる事でも、かなり入って来てます。色々な概念が。


自分の中で当たり前になってしまっている事は、気付くようなきっかけがあったり、サインが来ていても気が付かない(笑)

そういう場合は、パターンと化して
自分の人生の中に現れてきます。

気が付いて、いつそのパターンを抜け出すかです。

IMG_20180830_183006_571


昨日たまたまカフェで、ゆっくりお茶☕
をしようと2階にあがりました。

奥の席の方では、小学校低学年の男の子がお母さんと宿題に取り組んでいる図。

微笑ましいなぁと、近くに腰を下ろして
暫くすると居心地が悪くなってきました。

お母さんの叱咤激励が余りにも激しい!

2階全体に響き渡る声で、異常に感じるほど急かして、出来ないと大声で叱る。
男の子は途中で泣き出す。

悲しくなってきたので、1階のテラスに避難しました。


と、暫くすると、、
そのテラスの目の前の席にその親子が現れて座りました。

そして、同じ調子で宿題の続き。


逃げたのに、目の前に現れた現象。。
これは何か見せられている、
と感じ自分のことを考えてみました。


「良い遺伝子をONにしていますか?」


そう、問われていたのです。


その親子が去ったあと、色々考えていると
隣の席にいた女性と話す機会がありました。

きっかけは、おしゃれなカフェなのに
二人とも蚊に刺されて痒がっていたから。

見てみてー、
こんなに刺されてる!

彼女は、認定臨床心理士の試験に向けて勉強中でした。

話していくうちに、私がいま見せられている現象を語ってみました。

そんな勉強をされている方なので話しても安心でした。

声に出して語る事も、きっと自分には良かったのだと感じます。



良い遺伝子をONにして生きると
自分の人生がどう変化するのか?


結局は、
自分がどう在りたいのか、
その自分自身でどう人と関わっていくのか


在りたい自分を育てていきたいと
思います😊😊