ロルフィング

出会ってしまう、SPT。

ロルフィングの10回シリーズ、
私は2014年4月から
月2回のペースで受けた。

1~3回目は表層を、
4~7回目で深層を、
8~10回の統合で終了する。

わたしは1回目を受けて
5日後に、なんと、
喉がぱっかーんと開いた。

???

こう見えても、
自分の感情を上手く
相手に伝えることが苦手だった。

伝えようとすると、
喉がつまってしまい、
最後は苦しくて涙が出る程
だったのだ。

さて、ぱっかーんした私。


自分の感情を人に伝えられた
初めての経験は、
本当に自分の耳を疑った!

普通、自分の声は
話すと同時に耳で聞こえているが、

その時は、始めに言葉が口から出ていて、
後からその言葉を自分の耳で聞いて
認識する、という体験をした。

これには驚いた!

なに話しているのー!?

私が話したことに対して
相手が声を荒らげる反応をしても
冷静に受け止められていた。


それでどうなったか。

特に何もない。

相手と会話ができていたのだ。

会話の後はとても
爽やかな気持ちだった。

なんだ、
こんなに簡単だったんだ。

そして、自分の気持ちを
伝えられる心地好さといったら。

本当に、翼がはえて
空を飛んでいるように
素晴らしかった。

DSC_0724


それから4回目を終わって
二日目の夜。
喉が閉まる感覚が出てきた。

何故?

喉以外は、体が整っていくことが
とても楽しかった。
それに伴い、心の中には、
色々な素晴らしい変容が起きてきた。

体と心の両面、
これからの私の人生にとって
大きな大きなギフトを
ロルフィングから受け取った☆


ただ、喉の内側だけは落ち着かなかった。

8回目が終わる頃、
仕事中もとうとう息苦しさが
出てきた。

相談したところ、
ソースポイントセラピー(SPT)を
すすめられた。


これが、ソースポイントセラピー
との出会いだ。




*因みに、ここに書いた事は
私個人に起こったことなので、

ロルフィングやその感想については、
友人のロルファー大塚英文さんの
HPを参考にしてもらえるといいと思う。

http://zero.hidefumiotsuka.com

ピラティスが導いてくれたこと

私はロルフィングを受けはじめてから
日記を付けていた。
それは、ロルフィングを受け終わった直後の
体の変化が面白かったのと、
その後も日々、変化を感じられていったから。

それと驚いたことに変化は体だけではなかった。
こころ、というのかな、
体が楽になるに従って、心も楽になっていった。
解放されていくような感覚。

10回シリーズが終わる頃には、
自分の外側から来るものの影響よりも、
自分の内側が自分自身というもので
体いっぱいが満たされていくような、
とても心地好い感覚になっていた。

IMG_20170414_211857_088



自分と外側との境界線がしっかりと
体感として認識できる。

その初めての感覚は言葉では言い表せない程、
心がふるえる様な体験だった。
そして何よりも楽しくて仕方なかった。
毎回がワックワクの連続だった☆

そんな風にワクワクの自分を
楽しめるようになると、
周りの人達との関係も変わっていった。
とても心地好い関係性へと。


興味があれば、色々な体験談を読んでみると、
面白いと思う。
私の当時の体験談は神戸在住のロルファーさん、
伊藤彰典さんのホームページに載っている。

ロルフィングを受けて体感したことは
ピラティスをしていたからこその
体感もあったのではないかと思う。

そして今でも思うのは、
一家に一人ロルファーさんがいれば、
世界は平和になる!のではないかということ。

ピラティスが導いてくれたロルフィング
10回シリーズの旅に感謝している。



ギャラリー
  • 意識して生きる
  • 幸福感に包まれる仕事をしたい☆
  • 幸福感に包まれる仕事をしたい☆
  • 幸福感に包まれる仕事をしたい☆
  • サインを見逃すな!
  • 家系と自分の真ん中の軸✨✨
  • 座り過ぎ
  • 自分自身への時間と空間☆
  • 体幹力と体感力で気づく☆